胆のうがんの脅威

胆のうがんの症状について

医療

胆のうがんについて、あなたはご存知ですか。その名の通り、胆のうに出来るがんのことです。胆のうは、肝臓で出来た胆汁をためて十二指腸に送り込み、消化を助ける器官です。似たような所に出来るがんに、胆管がんがあります。しか胆管がんは黄疸が出やすく、そのため早期発見しやすいのですが、胆のうがんには黄疸が出にくく、そのため発見された時は進行性となっていることもあります。 胆のうがんが出来た場合の症状は、主にみぞおちから腹部上部に鈍痛があること、食欲不振や発熱などが挙げられます。また胆管がんが男性に多いのに比べると、胆のうがんは女性に多く、最も発症が多い年代は、60代から70代です。つまり、年齢を重ねた人ほど発症しやすいがんの一つであるといえます。

治療方法及び胆石との関係

胆のうがんは早期発見が難しいため、検査を定期的に受けるのが一番です。腹部超音波検査が基本で、がんの画像が確認できた場合は、さらにCTまたはMRIによって、がんがどこまで広がっているかを確認することになります。 治療は手術がメインです。かなり専門的な手術を行うことになりますので、内科と外科の両方が完備した、総合病院での手術がお勧めです。しかし、がんが出来た部位によっては、他の臓器まで切除することになり、体への負担が大きいため、場合によっては手術が困難なこともあります。その時には、抗がん剤や放射線を使った治療を行います。また、胆のうがんの人の場合、60パーセントの人が胆石を持っています。しかし、胆石を持つ人の胆のうがん発症率は低く、現在この両方の因果関係はわかっていません。