女性に多い卵巣がん

女性に起こる割合が多い病

サプリメント

卵巣がんは、実は婦人科系のがんの中で2番目に発症率が高い病気といわれています。卵巣がんのほとんどは、良性の腫瘍と言われています。ですが、悪性の腫瘍ができると、成長が著しく他の組織に早く転移してしまいます。なので、早期に発見することが大事です。 卵巣がんが厄介なのは、初期の段階では症状がほとんどないことです。そもそも卵巣は、沈黙の臓器とも呼ばれています。ですから、卵巣に腫瘍が少しできている程度では全く症状が出ません。それで、腫瘍が徐々に大きくなるにつれて、腹の圧迫感、膨満感などの症状が見られます。その他にも、骨盤や腹部の痛み、満腹感をすぐに感じて食事が進まないなどの症状もあります。 ・トイレが近い。もしくは排尿困難。

治療するための方法とは

卵巣がんの治療を行うには、外科手術と薬物療法を組み合わせて行います。というのも、卵巣がんは手術で完治することは難しいからです。その理由は、卵巣がんは初期の段階で発見するのが難しいからです。気づいた時には、がんが進行していることが多く再発の危険が高いです。なので、組み合わせることで、治療する確率をあげることができます。 まず、外科手術でがんのある卵巣をすべて切除します。ある程度、腫瘍を除去した後で、薬物療法が行われます。そもそも卵巣がんは、抗がん剤治療が比較的効果があるといわれています。抗がん剤は、静脈注射で投与したり、腹腔内に管を留置して注入するケースがあります。処置の方法は、担当の医師と相談して決めることになります。