がん治療の副作用

免疫療法を試しみましょう

医者

がんの治療中に多くの方が苦痛を感じるのが、抗ガン剤や放射線治療による副作用です。このような副作用は時に重篤になることもあり、場合によっては命を縮めることにも繋がります。このような副作用から、がんの治療中は体力が低下しがちになります。時にこうした体力の低下ががんの進行を促進してしまうこともあり、がん治療は非常に難しい面があるのです。こういった悩みを持つ方に評判が高いのが、最近の免疫細胞療法です。この免疫細胞療法では、予め体に備わっている免疫細胞を利用してがん細胞を攻撃するため、副作用の心配がないのです。体力の落ちた方でも試せる療法であり、現在特定の医療機関で行なわれています。治療可能な医療機関はインターネットなどを使って探すことが可能です。

免疫細胞療法は現在健康保険は適用されず、すべて自由診療となります。そのため、一般の治療に比べて高額な医療費がかかる訳です。免疫細胞療法には実際様々なパターンがあるため、医療費は医療機関や選択した治療法によって異なります。一般的には、数回の治療で30万円から50万円が相場です。様々な技術料がプラスされた場合には、100万円前後の費用がかかることもあります。その他、検査費用やカウンセリング料などが数万円程度必要になるのです。従って、免疫細胞療法は現時点では非常に高額な治療と言えます。がん保険などに加入している場合には、場合によっては先進医療保障の対象となることもあり、事前に確認しておくと役立つのです。